メニュー

トップページ > 猪木正道略年譜 
猪木正道先生略年譜

 1914年(大正3年) 11月5日京都市京都帝国大学付属病院にて、父・正雄(京都帝国大学医学部副手)、母・田鶴の長男として生まれる(三重県上野市出身)  
 1927年(昭和2年)  3月 三重県上野町立男子小学校を卒業  
 1931年(〃6年)  3月 三重県立上野中学校を4年修了  
 1934年 (〃9年)  3月 第三高等学校文化乙類を卒業  
 4月 東京帝国大学経済学部経済学科に入学 
 1935年 (〃10年)  4月 河合栄治郎教授の演習に参加  
 1937年 (〃12年)  3月 東京帝国大学経済学部経済学科を卒業  
 3月16日 藤井倉子と結婚、目黒区に新居を構える 
 4月 三菱信託株式会社に就職 
 1938年(〃13年)  5月11日 長女真理子誕生  
 1940年 (〃15年)  1月3日  次女真知子誕生  
 1941年 (〃16年)  7月 福岡支店に転勤  
 1942年 (〃17年)  5月22日 三女真美子誕生 
 7月 全国金融統制会に出向、世田谷区に住む  
 1943年 (〃18年)  5月 三菱信託株式会社に復職、財団法人三菱経済研究所に出向 
 9月 成蹊高等学校講師(非常勤) 
10月 三菱経済研究所より参謀本部第5課(ソ連担当)に嘱託として派遣され、「ドイツの継戦能力」について調査・研究(1945年ドイツ軍降伏まで)  
 1945年 (〃20年)  3月 家族を滋賀県蒲生郡鏡山村へ疎開させる  
 1945年(〃20年)  9月22日 長男武徳誕生 
 1946年(〃21年)  1月  財団法人三菱経済研究所を退職 
 2月 成蹊高等学校教授、吉祥寺の校宅に住む  
 1949年 (〃24年)  4月 成蹊大学政治経済学部教授 
 8月 成蹊大学を退職、京都大学法学部助教授となり京都市山科に住む  
10月 京都大学法学部教授、政治学、政治史を担当 
 1953年 (〃28年)  5月 京都大学大学院法学研究科を担当  
11月 文部省在外研究員として、ドイツ連邦共和国及びイギリスへ出張(1954年10月帰国) 
 1954年 (〃29年)  5月 日本政治学会理事(以後1966年10月まで)  
 1957年 (〃32年)  6月 オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジで開催のソ連問題ジンポジウムに出席のため、イギリスへ出張、帰途フィンランド、スウェーデン、ノールウェー及びデンマークを視察(同年7月帰国) 
 8月 アメリカ国務省の招待により、ハーバード、コロンビアなど各大学を歴訪、ソ連問題及びヒトラー研究専門家と意見交換(同年11月帰国) 
 1960年 (〃35年)  9月 京都市左京区田中樋ノ口町に転居  
12月 民主教育協会の依頼とアジア財団の講演により、沖縄へ出張、講演(同月帰国) 
 1961年 (〃36年)  1月  シンガポール大学で開催の東南アジア史学会に出席するためシンガポールへ出張、併せて京都大学東南アジア研究センター設立準備のためビルマ及びタイを視察(同月帰国) 
 3月 京都大学より法学博士号を受く(学位論文は「独裁の政治思想」) 
 4月 アメリカ合衆国へ出張(同月5月帰国) 
 6月 1961国家公務員採用上級試験専門委員「行政」となる(以後1962年、64年、65年、66年、67年、70年度併任) 
 1962年 (〃37年)  1月14日 長女真理子、医学士桜井雅温と結婚  
 7月 ドイツ連邦共和国へ出張(同年8月帰国) 
 9月 アメリカ合衆国及びギリシャへ出張(同月帰国) 
10月14日次女真知子、医学士田中裕と結婚 
 1963年 (〃38年)  1月  ロックフェラー研究員として、アメリカ合衆国、イギリス及びドイツ連邦共和国へ出張(同月8月帰国)  
 1964年 (〃39年)  8月  選挙制度審議会委員に任命される(以後1965年9月まで) 
12月 タイ王国及びマレイシア連邦へ出張(同月帰国) 
 1965年 (〃40年)  8月 カンボディア、ラオス、南ヴェトナム及びタイ王国へ出張(同年9月帰国)  
 1966年 (〃41年)  2月28日 三女真美子、法学士内田勝久と結婚 
 4月 アメリカ合衆国及びイタリアへ出張(同月帰国) 
11月 学術奨励審議会委員に任命される(以後1967年6月まで) 
12月 南西諸島へ出張(同月帰国)  
 1967年 (〃42年)  4月 アメリカ合衆国へ出張(同年5月帰国)  
 5月 スイス、オランダ及びカナダへ出張(同年6月帰国) 
 9月 ドイツ連邦共和国、チェッコスロヴァキア、ポーラン ド及びソ連邦へ出張(同月帰国) 
 9月 学術審議会委員に任命される(以後1971年11月まで) 
 1968年 (〃43年)  4月 教育課程審議官に任命される(以後1970年3月まで) 
 6月 アメリカ合衆国及びカナダへ出張(同年7月帰国)  
 1969年 (〃44年)  1月  米国・コロンビア大学共産主義研究所研究員として、アメリカ合衆国、ドイツ連邦共和国及びインドへ出張(同年10月帰国)